【Windows10/8/8.1】Delayed Launcher (2)とは

対処法

自作したPCの動作チェックをしていると、
タスクマネージャーのスタートアップのところにこんなものが。

”Delayed Launcher (2)”……

なにやら怪しげなソフトがスタートアップで起動している。
一応開発元は Intel みたいですが、明らかに不審な気配。

どうやらこのソフト、マザーボードのドライバインストール時に同梱されていた物のようです。

Intel(R) Rapid Storage Technology

という名前のドライバです。
そういえばインストールしたなあこんなの。

Rapid Storageとありますし、ストレージの高速化に関するドライバであることは間違いなさそうです。

このDelayed Launcher (2)というのは、スタートアップに登録されているプログラムの実行順序を管理することで、ストレージの高速化を試みるソフトのようです。

 

念のため、有効にした状態と無効にした状態で起動速度を比べてみましたが、体感出来るほどの差はありませんでした。

検証に用いたストレージはCrucialのSSDでしたので、HDDを使うと劇的な変化が出るかもしれません。出ないかもしれません。

何にせよ、今のところは起動速度で困ってはいませんし、とりあえず無効化しておきます。

コメント