ニューラルネットワークが任意関数を表現できる厳密な証明の所在

備忘録・まとめ

自分用のメモ。

一応いくつか証明方法がありますが、原著論文である『Approximation by Superpositions of a Sigmoidal Function』においては、ハーン・バナッハの定理リースの表現定理とフーリエ解析を利用して証明されています。

コメント