Atom+PlantUMLでクラス図が簡単に描ける!

Atom

どうも、Doo(@doo11gms)です。

UMLを描くとき、今までずっとdraw.ioを使っていましたが、図の修正がなかなか大変。そりゃもちろん手書きよりは遥かに楽ですが、面倒な作業であることに変わりはないです。

で、何か良いツールないかなーとggってたら、Atomのプラグインで「Plant UML」というものを発見しました。

これが恐ろしいほどに使いやすい。

 

Atomとは

(公式サイト:https://atom.io

Atomは、2015年に正式リリースされたWindows/Mac/Linux環境下で動くテキストエディタです。プラグインが豊富で拡張性が高い上に、動作もそこそこ軽量なので使いやすいです。

自分の場合、「ちょっとコード書くだけだしIDE入れるまでもないなー…」という言語ではAtomを使っています。今回はこのエディタにPlantUMLというプラグインを入れて、コードを書くようにUMLを作成していきます。

 

Plant UMLとは

(公式サイト:http://plantuml.com

PlantUMLは、クラス図やシーケンス図などのUMLをコードで書けるようにするツールです。↓こんな感じで、あっという間にクラス図が描けてしまいます!

 

導入手順

導入手順は以下の通りです。

①Atomをインストールする。

②Atomのプラグイン『language-plantuml』をインストールする。

③Atomのプラグイン『plantuml-viewer』をインストールする。

ここから『Graphviz』というソフトをダウンロードする。

 

クラス図の描き方

以上の手順でPlantUMLを導入し終えたら、何かUMLを描いてみましょう。

①『test.pu』と適当なファイルを作成し(拡張子はpu)、Atomエディタで開く。

②『Ctrl + Alt + p』でビューを表示する。

③作業ファイルに、

と書いてみる。

④後は公式サイトのチートシートを見ながらクラス図を作成していきます。

 

おまけ

ある程度慣れると、こんな感じでレイアウトも結構自由に決められます。
PlantUMLすごい。

 

オンライン版のPlantUMLもあります

こんな面倒な設定やってられねーよ、って方用にオンライン版のPlantUMLがあります。これがフリーウェアとは末恐ろしい。

コメント