Unityで最低限の3DRPGを作る Part2-1『プロジェクトの準備』

C#

Unityで最低限のRPGを作るPart2です。

このパートから、実際にRPGの制作を進めて行きます。

はじめに

今回はプロジェクトの準備をするだけなので、10分程度で終わります。

 

プロジェクトの作成

Unityのランチャーを起動し、「MiniRpg」という名前で新しいプロジェクトを作成します。

 

エディタが起動しました。

 

ワークスペースの構築

Unityのエディタが起動したら、ひとまずデフォルトのシーン名を「Test」にリネームしておきます。

 

次に、Projectビューの階層を整理します。次の画像のような状態にしておきます。

 

アセットの準備

今回のRPGは、戦闘システムから作っていきます。

そのため、ひとまずプレイヤーの素材をアセットストアからダウンロードします。

プレイヤーの素材には HQ Fighting Animation FREE を使用します。

インポートすると、こんな感じになります。

 

地形の準備

Terrainの作成

Hierarchyウィンドウを右クリックし、Terrainを選択します。これで新しい地形が生成されます。

 

Projectビューの整理

Projectビューに「New Terrain」という項目が追加されていますので、名前を「Test」にリネームし、画像のようにTerrainsフォルダの下に移動しておきます。

 

画面が暗いので明るくする

何かシーンが暗いので明るくします。

既に十分に明るい場合は、以降の節を読み飛ばして次のパートへ進んで下さい。

※↑これは暗い状態です

 

ライティングの設定を変更する

「Windowタブ > Rendering > Lighting Settings」とクリックします。

 

すると、Lightingウィンドウが開きますので、赤枠で囲まれている項目を変更して下さい。

 

しばらく待つと…

明るくなりました。

ライティングを焼くのには時間がかかるので、制作段階では以上のように設定を変更し、ライティングの品質を低めに設定しておきます。

ゲーム完成時には、ちゃんとした設定でもう一度焼き直します。

 

おわりに

これでプロジェクトの準備は完了です。

次回は、プレイヤーが移動できるようにします。

 

次のパートへ

次のパート:Part2-2『プレイヤーの移動を実装する(前半)』

「Unityで最低限の3DRPGを作る」記事一覧へ

 

 

コメント